脱毛サロン比較ランキング【部位数・料金・おすすめ度】

脱毛サロンで身分証明を提出する時※契約する人必読!

脱毛サロンで契約する際には身分証明書を提示する必要があります。カウンセリングのみであれば必要ありませんが、話を聞いていてすぐに契約したくなる可能性もありますし、その日までの限定の割引キャンペーンがあるのであればその日のうちに契約をしておかないとカウンセリングで訪れていたからといっても通用しません。そのため、脱毛サロンに行く場合は念のため身分証明を持っていっておいた方が安心です。脱毛サロンによっては学生証や社員証でも大丈夫なところもありますが、公的な身分証明書でないとダメなところもあるので、初めから公的なものを持っていっておいた方が無難です。公的なものとは具体的には免許証やパスポートや住民基本台帳、外国人登録証明書です。健康保険証もありますが、こちらは顔写真が入っていないのでできれば避けたほうがよいです。二度手間になります。これらの証明書は本人確認のため、未成年者かどうかの年齢確認のため、必要なものです。サロンにとって破格の値段であるお試しコースを同じ人が偽名を使ったり家族の身分証をもってきたりして何度も利用されてしまっては困ります。また、未成年者の場合は保護者の承諾書がないとエステというのは高額な買い物なので保護者に黙って契約していたりというトラブルが起こる可能性もあるのです。そのため必ず身分証の提示は求められます。スムーズに契約するためにも公的な身分証を持って脱毛サロンに行くようにしましょう。脱毛サロンを利用するときには、まずカウンセリングでお店のスタッフから説明を受け、脱毛する部位やコースが決まったら契約書を交わすことになりますが、そのときに身分証明書の提示が求められます。近年は個人情報保護への意識が高まっているので、身分証明書を見せることに抵抗があるという方も少なくないと思いますが、ほぼすべての脱毛サロンで身分証明書を提示する決まりになっています。ほとんどの脱毛サロンでは身分証明書が必要な理由は明確にされていませんが、最も有力な理由は、契約書に偽名や他人の名前を記入されるのを防ぐためと考えられます。契約書は脱毛サロンに契約者が一定の対価(料金)を支払う代わりに、サービス(脱毛)を受けることを取り決める書類です。契約書はお店と契約者との間で支払いトラブルなどが発生した場合に法的な根拠となる大切な書類なので、偽名や他人の名前を記入することは絶対に許されません。このため、脱毛サロンでは契約書を取り交わす前に身分証明書の提示を求めて本人確認を行ない、信頼のおけるお客様のみにサービスを提供しているというわけです。一方、契約前に身分証明書の提示を求めるのは年齢確認の意味合いもあります。近年は脱毛サロンでも未成年者への施術を提供していますが、未成年者は金銭的に自立していないことが多く、法的な手続きは親権者が行なうのが基本です。しかし、未成年者が年齢を偽って契約してしまい、そのことが原因でトラブルに発展する可能性も小さくないので、こうしたトラブルを避けるために身分証明書で年齢を確認するというわけです。

キレイモ公式ページへ
>>KIREIMO(キレイモ)の最新キャンペーンを詳しく見る!

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る

脱毛サロンで身分証明を提出する時※契約する人必読!関連ページ