脱毛サロン比較ランキング【部位数・料金・おすすめ度】

脱毛サロン|ニキビがあるけど脱毛できる?※注意事項など

脱毛サロンではニキビがあると施術を受けられないのでしょうか。1つや2つなど少量であれば保護テープなどで覆うことで照射できることもありますが、炎症がひどい場合、広範囲にわたってたくさん分布している場合はほとんどの脱毛サロンでは施術を受け付けてもらえません。そもそも脱毛サロンでは契約の際に多くの説明があり、その中に肌荒れなど肌の状態がよくない時、病気などの体調が悪い時の施術はできないという内容があります。光脱毛の光は弱いとは言っても、毛根にダメージを与えるだけのエネルギーはあります。つまり肌が弱い状態で照射をすると、やけどなどの肌トラブルが起こる可能性が高いのです。ニキビも肌トラブルの一つです。詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖したのがニキビです。ターゲットの毛根はもちろん毛穴から生えているので、ニキビのある部分に照射をすると、ニキビそのものに直に光が反応してやけどなどの恐れがあるからです。ニキビがある場合は脱毛できないわけですが、きれいに治せばいいのです。脱毛したい気持ちはわかりますが、それは単に無毛にするだけではなく、しっとり潤うツルスベ美肌を目指しているわけなはずです。それにはまずニキビという肌の炎症を治すことが先決です。色々な市販薬、民間療法がありますが、本気で治したいなら皮膚科がおすすめです。自分の症状を見てもらうことで、自分に合った適切な治療を受けられるからです。まずは皮膚科を受診してきれいに治してから、脱毛サロンで脱毛に挑むことです。簡単にムダ毛なしのツルスベ肌になれると人気の脱毛サロン。何回も通う必要はありますが、肌へ少ないダメージでツルスベ肌をゲットできるとのことで、若い女性からも人気のサロンとなっています。そんな脱毛サロンですが、実はツルツルになるだけなく、治らなかったニキビ跡もきれいになるというのです。もちろんどんなニキビ跡でもきれいになるというわけではなく、いわゆるシミのように色素沈着したものだけがきれいになるというのです。これは気のせいではなく、原因があるのです。脱毛サロンの脱毛は光を使って進められます。黒い色に熱ダメージを与える光を使うことで、肌の中の毛根を熱処理していくわけです。使用する光にはいくつか種類がありますが、多くの脱毛サロンで使用しているIPL法に使う光はフォトフェイシャルで使う光と同じ種類なのです。もちろん強さは違うので、全く同じ効果があるとは言えませんが、脱毛と同時に多少は美白効果も得られるのです。もう一つの原因が保湿です。脱毛サロンで使う光は肌に低ダメージとはいっても、毛根を焼くエネルギーはあります。そのため照射後の肌は大変乾燥します。乾燥は美肌の大敵なので、サロンでは照射後にローションなどで保湿をするわけです。それに帰宅してからもいつもより念入りに保湿ケアをするので、肌が通常よりも潤った状態になるのです。するとターンオーバーも徐々に正常化し、シミのようになっていたニキビ跡もターンオーバーと一緒に肌の上部に徐々に押し上げられて、最終的に垢として排出され、シミのおうなニキビ跡もきれいになるのです。

キレイモ公式ページへ
>>KIREIMO(キレイモ)の最新キャンペーンを詳しく見る!

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る

脱毛サロン|ニキビがあるけど脱毛できる?※注意事項など関連ページ